介護保険を受けるまでの流れ

介護保険を受けるまでの流れ

概要

下記が介護保険を受ける大まかな流れとなります。

大まかな流れ
  1. 要介護認定の申請
  2. 認定調査
  3. 審査判定
  4. 認定
  5. 介護(介護予防)サービス計画書の作成
  6. 介護サービス利用の開始

説明

要介護認定の申請

要介護認定を希望する本人が市役所に要介護認定の申請を行います。

申請には、介護保険被保険者証が必要です。

要介護認定の申請
ポイント
要介護認定の申請は、ケアマネージャが代理で申請することができます。

詳細は下記をご覧ください。

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは

認定調査

市区町村等の調査員が要介護認定を希望する本人の自宅や入居している施設等を訪問して、心身の状態を確認するための認定調査を行います。

市役所の認定調査員から調査を受ける高齢者

審査判定

1次判定をコンピュータで行い、2次判定を介護認定審査会により実施して最終決定を行います。

1次判定と2次判定のフロー

認定

2次判定の結果にもとづき要介護認定を行ない、申請者に結果を通知します。
原則、申請から認定の通知までは原則30日以内に行ないます。

認定は介護が必要ではないという「非該当」と介護が必要な場合は、要支援1~2、要介護1~5の7段階となります。

詳細は下記をご覧ください。

介護度とは
介護認定の2次判定

介護(介護予防)サービス計画書の作成

ケアマネジャー(介護支援専門員)がケアプラン(介護(介護予防)サービス計画書)を作成します。

ケアマネジャー(介護新絵専門員)がケアプランの作成

介護サービス利用の開始

ケアプランをもとに、必要な介護サービスを受けられるようになります。

介護保険サービスを受ける高齢者