ショートステイの連続利用日数と最大利用日数

ショートステイの連続利用日数と最大利用日数

短期間入所生活介護の利用日数

短期間入所生活介護の利用日数には、連続して使える日数と最大利用日数の2つの考え方があります。

計画を立てる際に重要な知識となります。

連続利用日数と利用最大日数
短期間入所生活介護の利用最大日数

短期間入所生活介護の連続利用日数

施設の利用日数が連続30日を超えると31日目から自己負担になります。
また、最長利用日数に制限があります。

最大利用日数

厚生労働省が「短期入所生活介護及び短期入所療養介護を利用する日数が要介護認定の有効期間のおおむね半数を超えないようにしなければならない。」と通達を出しています。

要介護認定の有効期間は、介護保険被保険者証の交付日(発行日)を起算日として、何ヵ月間と定められているので、その定められた期間です。

具体的には、認定を受けた初回は有効期間が6ヵ月(180日)なので、その半分の90日を超えない期間です。
また、認定期間は更新ができます。

更新時には12ヵ月の場合が多いので、その半分の180日を超えない期間になります。

注意
運営は市町村が主体となり、細かなルールは市町村毎に違う為、ケアマネジャーに確認することをお勧めいたします。