ケアマネジャー(介護支援専門員)とは

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは

ケアマネジャーとは

ケアマネジャーは、主に下記業務を行います。

  • 介護認定の申請を代行する
  • ケアプランの作成する
  • 介護サービス事業者との連絡調整する

そして、ケアマネジャーは主な3つの業務を通して介護や支援が必要な方が自立した日常生活が営めるように支援することが重要な役割になります。

高齢者を支援するケアマネジャー

介護認定の申請を代行

介護保険を受ける為に必要な介護認定を代理人として申請します。

通常介護認定は、介護を希望する本人か家族が申請しますが対応が難しく依頼を受けた場合は、ケアマネジャーが代理申請することができます。

申請代理するケアマネジャー

ケアプランの作成

介護や支援が必要な方(要介護者等)の病状や精神状況をヒアリングして介護者にあった介護サービスを選び、ケアプラン(計画)を作成します。

ケアプランを作成するケアマネジャー

ケアプランはケアマネジャーしか作れない?

ケアプランはケアマネジャーでなくても作成することは可能ですが、作成には知識と経験が必要です。

例えば要介護1の方は、特別養護老人ホームを利用することは出来ません。

介護度により、利用できる介護サービスが異なる為、知識と経験のあるケアマネジャーにどの介護サービスをどれくらい使うかを計画してもらうことを強くお勧めいたします。

詳細は下記をご覧ください。

介護保険を受けるまでの流れ

ケアマネジャーと意見が合わない、、、

介護に関してどうしても意見の合わないケアマネジャーの方でしたら、別のケアマネジャーの方に変更してもらうことも可能です。

介護サービス事業者への連絡調整

介護サービスを受けた後の経過を見ながら状況に応じて介護サービス事業者との連絡調整を行い必要ならば介護サービスを変更します。

看護師と介護ヘルパーに連絡調整するケアマネジャー

特に退院直後の状態は、入院前と比べ介護への注意が必要です。

入院前にはできたことができなくなってしまうことはよくあります。

更に要介護者等の体調がよくない場合、家族は不安を感じるのですが、どうしてよい分からないので信頼のおけるケアマネジャーに相談をします。

相談を受けたケアマネジャーは、状況を把握して家族の代わりに必要な場所に連絡をします。

このように家族と介護サービス事業者の間に立ち連絡調整を行うのです。

業務を代行するだけではないケアマネジャーの社会的意義

ケアマネジャーがなぜ必要とされているのかは、介護保険の基本な考え方に基づいています。

介護保険の基本的な考え方
  • 介護や支援が必要な方は、生活をする上で自分のできることは自分で行い、できない部分は介護やサポートを受けなら自立した日常生活を営むことが重要である
  • 介護や支援が必要な方は、自立した生活を営む為に、自分で保険医療サービスや福祉サービスを選択することができる
  • 介護サポートを行う方は、介護や支援が必要な方の考えを尊重し、その方の立場に立って支援する
※上記の基本的な考え方は、介護保険制度の1条(目的)と介護支援専門員実務研修テキストを参考に私的理解として記述しておりますのでその点はご了承ください。

ケアマネジャーが、介護保険の基本的な考え方に基づいてプランを立てることで、要介護者等が必要とする生活ニーズを解決することができます。
※もちろん全て解決することは難しいですが、、、。

もし仮に、営利のみを目的とした事業者がプランを立てた場合、その時の利益だけのプランになりやすく継続した介護にならないこともあります。

継続した介護が受けられなければ要介護者等やその家族の方にとって不幸であり、限られた資源が必要な人の為に使われないことにもなりかねません。

その為、ケアマネジャーが要介護者等と介護サービスの間に立ち両者の架け橋になることは、介護保険を運営する為の重要な役割を担うことになります。

被介護者と介護サービス事業者をつなぐケアマネジャー

要介護者等に対するケアマネジャーの基本姿勢

ケアマネジャーは、要介護者等をサポートする際には、「利用者本位」の姿勢に徹することが求められています。

「利用者本位」とは、要介護者等の考えを尊重して支援を進めるということで、要介護者等の主体性を尊重した取り組みです。

また、要介護者等にとって、仲の良いお隣さん、よき友達ではなく「職業人としての支援者」という自覚をもってサポートを行っております。

ケアマネジャーに相談できること

介護に関わることは全般的に相談できます。ケアマネージャーでは対応ができないことでも、相談できる方を紹介してもらえる場合もあります。

ケアマネジャーに伝えるべきこと

ケアマネジャーにケアプランを作成してもらうためにも、下記内容は伝えておきましょう。

  • 要介護者・要支援者自身ができること、できないこと
  • 要介護者・要支援者自身の希望する生活状況や場所
  • 親戚を含め家族で介護に参加できる人数
  • 主として介護を行う方が誰なのか、その方はどれくらい介護に時間を使うことが可能なのか

どこに行けば、ケアマネジャーに相談できる?

ケアマネジャーは、主に居宅介護支援事業所(ケアマネ事業所)、介護予防支援事業所(地域包括支援センター)に在籍しています。

また、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、介護療養型医療施設のような介護サービス事業者の施設で介護の相談を受けたりケアプランを作成しています。

介護に関して初めて相談を行う場合は、地域包括支援センターに訪問する事をお勧めいたします。