褥瘡(じょくそう)とは

褥瘡(じょくそう)とは

褥瘡(じょくそう)とは

寝たきりや同じ体勢で座っていると、体の一部に集中的に圧迫がかかり続け、皮膚が赤くはれ、「ただれ」や「水ほう」ができます。

このような圧迫により生じたただれ等が「褥瘡(じょくそう)」で、「床(とこ)ずれ」とも呼ばれています。

褥瘡(じょくそう)は床ずれ

褥瘡(じょくそう)は、圧迫された体の一部で血流が途絶えてしまい、細胞や組織に障害を起こします。

寝たきりの方が褥瘡(じょくそう)になると治りずらい為、予防が重要になります。

褥瘡(じょくそう)にならないようにする為には

褥瘡(じょくそう)は圧迫された体の一部で血流が途絶えてしまうことが原因なので、血流が途絶えないようにするのが一番良い方法です。

圧迫されないように体の体勢を変えることを「体位変換」と呼びます。

私たちは、ふつう同じ個所が圧迫され続けると疲れたり、痛かったりするので無意識に圧迫を緩めるように体勢を変えます。

しかし、寝たきりだったり起き上がっていても自分では「体位変換」できない場合は、褥瘡(じょくそう)予防の為に家族が体勢を変えてあげる必要があります。

褥瘡(じょくそう)予防は体位変換

体位変換だけでは褥瘡(じょくそう)は防げない?

「体位変換」をこまめに行えば、褥瘡(じょくそう)を予防できると思いますが、現実的にはそうもいきません。

何故かといえば、「体位変換」する際の摩擦でも褥瘡(じょくそう)になるからです。

高齢者の場合、皮膚が弱くなっているため、体を動かした時におこる摩擦が同じ部位で続くとその箇所が弱くなり褥瘡(じょくそう)に進んでしまうのです。

また、マットの上に敷いたタオルケットがしわになっていてそのしわの部分が体に圧迫を与えることも褥瘡(じょくそう)の原因になります。

加齢によって皮膚が弱くなっているうえに、栄養が十分取れない高齢者は、皮膚がもろくなっているため、頻回な体位変換が逆効果になる場合もあるのです。

その為、褥瘡(じょくそう)予防には、栄養士からのアドバイスをしっかり受け皮膚を少しでも元気にする必要があるのです。

褥瘡(じょくそう)予防は栄養管理

介護者が注意する褥瘡(じょくそう)対策

介護が必要でベットで過ごすことが多い方でも下記のようなケースは褥瘡(じょくそう)になりにくいです。

参考
以降の内容は、褥瘡(じょくそう)発生を科学的に分析する為に使用されるブレーデンスケールを参考に記載しています。

褥瘡(じょくそう)になりにくいケース

褥瘡(じょくそう)になりにくいケースとしては、下記のような例が挙げられます。

褥瘡(じょくそう)になりにくいケース
  1. 呼びかけに反応する
  2. 皮膚は通常乾燥している
  3. 2時間に1度ぐらいはベットから出て支えながらでも家の中を歩ける
  4. 寝ている時に自分で体勢を変えられる
  5. タンパク質/乳製品を毎日食べている

褥瘡(じょくそう)予防には清潔も重要

汗により皮膚が常時湿っぽいと褥瘡(じょくそう)になりやすいです。

その為、夏場はこまめにパジャマや、ベットシートを替えるよう心掛け褥瘡(じょくそう)になりにくい環境を作りましょう。

呼びかけに反応しない場合は要注意

体の一部が圧迫され、その箇所に痛みがでた時に「痛い」と伝えてもらえれば介護者は褥瘡(じょくそう)になりかけている箇所を見つけることができます。

しかし、そうでなければ定期的に体位変換していても褥瘡(じょくそう)になっていることに気づくことができません。

特に、皮膚の中にある骨に近い組織が傷ついている場合は、皮膚を見ただけでは見つけにくい為、どこが痛いかを伝えてもらえることで早期対応することができます。

呼びかけに反応しない場合は要注意

褥瘡(じょくそう)になったらお風呂は入らない方がいい?

お風呂に入ると褥瘡(じょくそう)が悪化すると思われている方もいます。

確かに入浴後のケアが正しくないと悪化させることがありますが、入浴は基本的には皮膚を清潔にできるので良いことです。

訪問入浴看護でリラックスする高齢者

ただし、褥瘡(じょくそう)になっている方は体を自分で動かすことが難しい為、入浴させることは大変です。
また、入浴後に処置する褥瘡(じょくそう)のケア(薬を塗ったり、ガーゼをあてがう等)は家族とって負担になります。

対応が難しいと思った方は、ケアマネジャーに相談して、「訪問入浴介護」をケアプランに入れてもらいましょう。

訪問入浴看護で活躍するケアマネジャー

詳細は下記をご覧ください。

訪問入浴介護とは

詳細は下記をご覧ください。

ケアマネジャーとは

褥瘡(じょくそう)予防のまとめ

皮膚が弱いと小さな刺激でも褥瘡(じょくそう)になりやすい為、「栄養」をつけて皮膚を少しでも元気にすることが重要です。

並行して、血流が途絶えてしまわないように「体位変換」を定期的に行います。

そして皮膚が湿っぽいことも褥瘡(じょくそう)になりやすい為、「清潔保持」がかかせません。

まずは、「栄養管理」「体位変換」「清潔保持」に取り組みましょう。

褥瘡予防には、栄養管理と体位変換と清潔保持

褥瘡(じょくそう)になってしまったら?

主治医に相談し、治療方法を相談してください。

褥瘡(じょくそう)の程度にもよりますが、基本的には下記対応となります。

対応内容
  1. ぬり薬
  2. ドレッシング
  3. 消毒・洗浄

患部を消毒し薬を塗った後、ドレッシングで感染等を起こさないように処置をします。

ドレッシング
キズを覆う医療用材料を使って患部を手当てすることです。

また、上記では完治できない場合は手術により壊死組織(皮膚やその下の組織の死がい)を取り除きます。

褥瘡(じょくそう)は、正しく対応すれば時間はかかっても治すことができます。