嚥下(えんげ)障害とは

嚥下(えんげ)障害とは

嚥下障害とは

「嚥下」とは、口から食べた物が胃に到達するまでの過程を言います。

その為、嚥下障害とは、胃に到達するまでの過程で機能がうまくいかず、食べ物が胃に到達しにくい症状のことです。

嚥下障害とは

かみ砕いて表現すると、「食べものを飲みこみずらい」ということです。

食べ物を飲み込みずらいので、食べることが煩わしくなり、食欲が落ちていきます。

また、飲み込んだ食べ物がのどに詰まると窒息をしてしまう為、嚥下障害になると食べる為のリハビリが必要になる場合があります。

食べたものが胃に届くまでの仕組みを知る

食べた物が胃に送り込まれるまでの「体の仕組み」を知ることで嚥下障害をより理解することができます。

胃に送られるまでには、主に3つの段階(期)で表すことができますが、食べ物を目の前にしたところから理解すると飲み込まれるまでの仕組みが分かりやすいです。

その為、本ブログでは、5段階で記述します。

摂食・嚥下障害と表記された場合
摂食・嚥下障害とひとまとめに表記されている場合は、食べ物を認知する「認知期」、食べ物を咀嚼(そしゃく)する「準備期」を含めた5つの段階で説明され、「嚥下障害」の場合は口腔期から説明されることが多いです。

先行(認識)期

食べ物が目の前に来ると、自然と唾液ができます。

よく言う「生つば」です。

先行期では、口の中に唾液を出し食べ物を受け入れる準備をする段階です。

嚥下障害の先行(認識)期

口の中がカラカラの状態で食べ物が口の中に入ってくると、口の中で食べ物がくっついて食べずらいです。

それを防ぐ為に、事前に唾液を出して口の中を食べやすい状態にします。

つばが出るのは目で見るだけではなく、匂いもそうです。

ステーキをナイフで切っている時の感覚も食欲がわきます。

このように食べる前に、見て、嗅いで、感触を知ること全部が先行期となります。

体が栄養をとることは実は食べる前から始まっているのです。

準備期

咀嚼(そしゃく)した食べ物と唾液を口の中で混ぜ合わせるのが準備期です。

咀嚼された食べ物と唾液が混ざった塊を「食塊(しょっかい)」と言います。

食べ物を砕いて柔らかくし唾液と混ざることで飲み込みやすい状態にしているのです。

つまり、準備期の準備とは、飲み込む為の準備ということですね。

口腔期

準備期で飲み込みやすい状態になった食塊ですが、口の中で小さい塊に分かれているので更に飲み込みやすい塊にして口の中から咽頭(いんとう)に送りこみます。

この送り込む直前までが口腔期です。

嚥下障害の口腔期

私たちは、当たり前のように飲み込んでいますが、飲み込む為には、食塊を上手に作る必要があります。

飲み込みやすい食塊を作るには、よく噛んで細かい方が良いですし、唾液がしっかり出ていないと飲み込みずらいです。

また、舌が上手に動かないと咀嚼がスムーズに行えません。

このように口腔内の一連の動きは、体が栄養を取る為に非常に重要な役割を担っています。

咽頭期

口腔から咽頭に送り、食道方向に食塊を送り込む行為が咽頭期です。

食塊を送り込む行為とは「ゴックン」と食べ物を飲み込む行為です。

食塊を食道方向に流し込む必要がありますが、ここで重要な動きがあります。

それは、気管に食塊が流れ込まないように気管の入り口にフタをする動きです。

フタをする動きは「嚥下反射」が行っています。

嚥下障害の咽頭期

食道期

食道に送り込まれた食塊を胃に送り込む行為が食道期です。

嚥下障害の食道期

嚥下障害が発生する理由

嚥下障害が発生する理由には、「高齢化」「脳血管障害系の後遺症」「精神的ストレス」の3つが考えられます。

高齢化による嚥下障害の遅延

高齢化

嚥下障害は、老化により嚥下反射が遅延する(遅れる)ことが原因です。

嚥下反射の遅延(遅れ)は食べるため、飲み込むために関わる口やのどの筋力が弱くなることが原因です。

高齢化による嚥下障害の遅延

脳血管障害系の後遺症

脳梗塞や脳出血により脳からの指令がうまく伝わらないことでも遅延が発生します。

脳血管障害による嚥下障害の発生率は、脳梗塞や脳出血により後遺症が残った場合、嚥下障害の発生率は、22~65%と報告されています。

嚥下障害の先行(認識)期

精神的ストレス

ガン不安、神経症、心身症、ヒステリー、精神病等でも嚥下反射が遅延します。

嚥下障害で引き起こされる症状

嚥下障害で引き起こされる症状を「口腔期」「咽頭期」「食道期」の3つの段階から説明します。

嚥下障害では、口腔 → 咽頭 → 食道 → 胃という流れで食塊が移っていきますが、嚥下機能がうまく動かず、予定外に食塊が口腔から咽頭に移ったりとしたことが起きます。

このような予定外の誤った現象(嚥下)を誤嚥(ごえん)と呼びます。

嚥下障害により引き起こされる誤嚥

口腔期に起こる症状

舌をうまく使うことができないことによる誤嚥が発生します。

本来は舌の動きにより咽喉に食塊が移るのを防ぐのですが、その動きが遅延したことで口の中に残っている食塊が誤って咽頭に移ってしまいます。

咽頭期に起こる症状

「嚥下反射」が働くことで、気管の入り口にフタをして食塊が気管に流れ込まないようにします。

正常な動きでは、食塊は咽頭から食道を通って胃に届くことができます。

しかし、「嚥下反射」が遅延した場合、気管に食塊が入ってしまう誤嚥(ごえん)が発生します。

気管に入ってしまった食塊の中に細菌が入っていると、その細菌が肺で炎症を起こすことがあり、誤嚥により引き起こされた肺炎を「誤嚥性肺炎」と呼びます。

嚥下障害により引き起こされる誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎の心配がある場合は、口からの食事を控えざるをえなくなりますが、口腔リハビリを行い口から食事ができる期間をできるだけ伸ばしてあげたいものです。

また、誤嚥性肺炎は、口からの食べ物が気管に入る場合だけではなく、唾液が気管に流れてしまうことでも起こってしまいます。

具体的には寝ているときなど横になっている体勢の場合です。

不顕性誤嚥(ふけんせいごえん)
気管に食塊や唾液が入ると、むせたり呼吸が苦しくなるといった症状がおこり「誤嚥」を自覚することができますが、むせるようなことが無い無自覚な症状も起きます。

食道期に起こる症状

筋肉の収縮で胃の方に食塊を運ぶのですが、収縮がスムーズに行えない場合に食塊が逆流する誤嚥が発生します。

セルフチェック

下記が嚥下障害を疑う徴候です。

徴候に該当する場合には、口腔機能自己チェックシートを使って嚥下障害が起こっているのかセルフチェックをお勧めします。

嚥下障害に該当しそうな場合は、早めに病院に行き医師に相談をしてください。

嚥下障害を疑う徴候
  • 声質が変わっている
  • 唾液が飲み込めず出している
  • 常にのどがゴロゴロしている
  • 食事中にムセる、咳が出る
  • 食事に時間がかかる
  • 食事をすると疲れる

口腔機能自己チェックシート

チェック項目1~3に2個以上該当の場合或いは、4~12で複数にチェックがあれば口腔機能の低下が疑われます。

No 質問事項 回答:どちらかお答えください。
1 固いものが食べにくいですか Y N
2 お茶や汁物等でむせることがありますか Y N
3 口がかわきやすいですか Y N
4 薬が飲み込みにくくなりましたか Y N
5 話すときに舌がひっかかりますか Y N
6 口臭が気になりますか Y N
7 食事にかかる時間は長くなりましたか Y N
8 薄味がわかりにくくなりましたか Y N
9 食べこぼしがありますか Y N
10 食後に口の中に食べ物が残りやすいですか Y N
11 自分の歯または入れ歯で左右の奥歯をしっかりとかみしめられますか
1a.どちらもできない
1b.片方だけできる
2.両方できる
12 定期的に歯科医院を受診していますか Y N