介護予防訪問入浴介護とは

介護予防訪問入浴介護とは

介護予防訪問入浴介護とは

介護予防訪問入浴介護は、居宅(自宅等)で一人では入浴が行えない方の入浴サポートを想定したサービスです。

例えば、支えがあれば歩くことができる方が服を脱ぐのが大変な場合や、体を自分で洗えないような場合です。

介護予防訪問入浴看護

訪問入浴介護時の対応人数

訪問入浴介護では、原則として、看護師又は、准看護師(以後看護師等)が1名以上と介護職員1名以上が対応する必要があります。

ただし、例外として主治医の判断で看護師が不要と判断し、かつ介護職員を2名体制にすることができれば看護師等の対応は必要ありません。

介護予防訪問入浴介護時の対応人数

どうやったら訪問入浴看護を受けられる?

ケアプランの内容に含めてもらう必要があります。

まずは、ケアマネジャーに相談してください。

ケアプラン内容が決まれば、ケアマネジャーが事業者を紹介してくれます。

介護予防訪問入浴看護で活躍するケアマネジャー

詳細は下記をご覧ください。

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは

訪問入浴介護の費用

下記費用が利用時の基本費用になります。

事業者によっては、プラスで交通費がかかる場合もあります。

ケアマネジャーに確認依頼をしておくことをお勧めいたします。

全身浴

体制 料金
看護職員1名、介護職員1名 845円/回
介護職員2名 802円/回

部分浴・清拭

体制 料金
看護職員1名、介護職員1名 591円/回
介護職員2名 561円/回
参考文献
訪問入浴介護費より